大学院1年生の何梓遜君が国際会議(ICMCR 2019)にてBest Oral Presntation賞を受賞しました。

2019年2月24日に福岡工業大学で開かれた2nd International Conference on Mechatronics, Control and Robotics (ICMCR 2019)において、本学大学院電子情報工学専攻ウェアラブルロボット研究室所属の大学院1年生の何梓遜君がBest Oral Presntation賞を受賞しました。発表テーマは「Development of a Prosthetic Hand Based on Human Anatomy」です。人間の筋肉骨格系に基づいた電動義手の開発に関する研究です。