About Me

“20 years in biomedical signal processing and control focusing on HCI/BMI using EEG, EMG, ECG, EOG and ECoG”

    Dr. Shin is now a  professor at Dept. of Electronics and Mechatronics of Tokyo Polytechnic University.

    His research interests include wearable robot, human centered system, human computer interface,  brain machine (ie.computer) interface, and bio-signal engineering.

    He is a member of the Japan Neuroscience Society (JNS), the Japan Neural Network Society (JNNS), and the Society of Instrument and Control Engineers (SICE). He is also an editorial board member of Scientific Reports that is a sister journal of the Nature.

私は2000年来日、東京工業大学で筋肉の数理モデルを提案しPh.D.を取りました。その後、同大学の研究員と助手、豊田中央研究所、精密工学研究所を経て2015年に本学へ着任しました。これまで、エアードラムや念力システム、居眠り事故の防止システムなど様々なヒューマン・コンピュータ・インタフェース(HCI)の開発に従事しました。 最近ではサルや人間の脳神経活動から運動情報と力学情報を機械学習を用いて予測する手法を提案し、ロボットアームを制御するブレイン・マシン・インタフェース(BMI)研究に従事しています。私は人間らしい動くロボットを実現させることが夢です。ウェアラブルロボット研究室の学生と共に一歩一歩あゆみたいです。

EDUCATION

 2001–2005   Ph.D. 

Tokyo Institute of Technology, Japan.

 “Arm Stiffness Estimation using Mathematical Model of Musculo-skeletal System”

 1996–1998   M.S. 

Chosun University, Korea.

 “Design of a Force-reflecting Haptic Interface using Ultrasonic Motors”

 1992–1996   B.S

Chosun University, Korea.