19K11428:Excellent Paper Award @ CcS2020

2020年9月23~26日に東京都立大学で開かれたInternational Symposium on Community-centric Systems (CcS2020)において、本学大学院電子情報工学専攻ウェアラブルロボット研究室卒業し、東京工業大学大学院博士課程に進学した何梓遜君がExcellent paper賞を受賞しました。発表テーマは「A Design of Anthropomorphic Hand based on Human Finger Anatomy」です。著者は Zixun He, Rezenko Roman Yurievich, Satoru Shimizu, Masato Fukuda, Yousun Kang, Duk Shin。人間の筋肉骨格系に基づいた電動義手の開発に関する研究です。

CcS2020

The International Symposium on Community-centric Systems (CcS 2020) is organized by the Research Center for Community-centric Systems, Tokyo Metropolitan University. The conference will be held in Tokyo, Japan, from September 23rd to 26th, 2020. The conference offers a unique and interesting platform for scientists, engineers and practitioners throughout the world to present and share their recent research and innovative ideas on community-centric systems (CcS) that can improve quality of life (QOL) and quality of community (QOC).

大学院1年生の何梓遜君が国際会議(ICMCR 2019)にてBest Oral Presntation賞を受賞しました。

2019年2月24日に福岡工業大学で開かれた2nd International Conference on Mechatronics, Control and Robotics (ICMCR 2019)において、本学大学院電子情報工学専攻ウェアラブルロボット研究室所属の大学院1年生の何梓遜君がBest Oral Presntation賞を受賞しました。発表テーマは「Development of a Prosthetic Hand Based on Human Anatomy」です。人間の筋肉骨格系に基づいた電動義手の開発に関する研究です。